<   2007年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

タマシギ

d0126085_2224251.jpg
2006.10.08  管理休耕田  写真には撮れなかったが雛を連れていた。

d0126085_22245383.jpg
2007.5.23 上と同じ管理休耕田  2羽いた。

d0126085_22251842.jpg
同上 草の陰に隠れてじっとしている。(ノートリミング)


タマシギ科
ムクドリとほぼ同じ大きさで、ずんぐりした体形のシギ類。
雌のほうが色彩が鮮やかで、頭部は赤褐色、目が大きく、その周囲から後方に眼鏡をかけたような特徴的な白斑がある。くちばしは先端がやや下に曲がり、赤っぽい。
留鳥として本州以南に分布し、平地の水田などの湿地に生息する。
雌雄の関係が逆転している鳥で、鳴いて縄張りを宣言するのは雌で、雄が抱卵や育雛を行う。(山渓FB「野鳥」より)
[PR]
by krstori | 2007-05-23 22:23 | タマシギ

オオヨシキリ

d0126085_2215488.jpg
d0126085_22151623.jpg
d0126085_22155345.jpg
d0126085_2216420.jpg
2007.5.20 黒瀬川葦原で撮影


ヒタキ科ウグイス亜科
緑の葉が伸びだした初夏の葦原で、枯れ穂に止まってギョギョシ、ギョギョシ、ゲシゲシゲシとやかましい声でさえずる小鳥。スズメより二回り大きい。夏鳥として九州以北に渡来し、川原、池沼、湿地、休耕田などの葦原で繁殖する。(山渓FB「野鳥」より)
[PR]
by krstori | 2007-05-20 22:13 | オオヨシキリ

ツバメ

d0126085_842847.jpg
2007.5.15  農協の軒下で撮影


ツバメ科
上面が黒く、下面が白く、喉と額が赤い。深い燕尾を持ち、先端近くに白斑が並ぶ。
夏鳥として渡来する。
人家の軒先、牛小屋、歩道橋などの建造物に限って営巣し、泥でお椀型の巣を作る。人通りの多い建物を特に好む。
他のツバメ類よりも低いところで採餌し、しばしば地面をかすめるように飛んで昆虫を捕らえる。
(山渓FB「野鳥」より)
[PR]
by krstori | 2007-05-15 08:00 | ツバメ