カテゴリ:ホオアカ( 4 )

休耕地

d0126085_10222579.jpg
ホオアカがいる休耕地


d0126085_10223056.jpg
毎年この場所にいる。

[PR]
by krstori | 2013-01-19 10:21 | ホオアカ

ホオアカ

d0126085_902752.jpg
d0126085_903846.jpg
d0126085_904915.jpg
d0126085_91175.jpg
ホオアカ 2011.11.12 休耕田
[PR]
by krstori | 2011-11-12 08:56 | ホオアカ

隠れている

 ヒバリが鳴いている。今年になってヒバリの声を聞くのは2度目だ。近くで聞こえるから・・・、カメラを持って外へ出るとヒバリの声がしなくなっていた。しばらく待てばまた鳴くだろうとあぜ道を歩いていたら、足元からチッと言って飛び立ったスズメ大の鳥、もしかしてヒバリかなあと追っかけた。
 休耕田の草に止まっている。ヒバリなら田んぼに降りるから、ヒバリとは違うようだ、ゆっくり近づいた。近づいても逃げない。隠れている自信があるのだろう。

d0126085_15483379.jpg
d0126085_15484543.jpg

ホオアカだった。
[PR]
by krstori | 2010-03-21 15:40 | ホオアカ

やっとホオアカ

 1月4日に撮った鳥がホオアカらしいと教わってから、ずっとその場所を注意していました。やっと、その姿をはっきりと確認できました。1月4日と同じ場所での確認です。ホオジロも同じ所にいます。
 名前のとおり、頬が赤い鳥でした。ホオジロよりかわいいと思ったのは、2ヶ月も待ったからでしょうか。しっぽが短いからでしょうか。


d0126085_15452358.jpg
d0126085_15455823.jpg
d0126085_1546161.jpg
ホオアカ 2009.3.02 10:00 黒瀬川


ホオジロ科
初夏の草原で低木の頂に止まって歯切れのよいさえずりを響かせる赤茶と白の小鳥。
ホオジロと同大で尾は短い。
雄雌、夏羽冬羽とも頬がはっきりした赤茶色で、胸に黒と褐色の2本の横帯があることが特徴である。本州中部から九州では高原で繁殖する。冬期は暖地に移動し、水田や川原などで見られる。
さえずりはホオジロに似て短い。地鳴きはチッと一声ずつ出す。(山渓FB 「野鳥」より)
[PR]
by krstori | 2009-03-03 15:56 | ホオアカ