カテゴリ:シナガチョウ( 1 )

シナガチョウ

d0126085_1231387.jpg
野鳥が飛来することで有名な(?)大沢田池、おっ、コブハクチョウまでいるぞ。

d0126085_123539.jpg
でも、この白鳥、白くないのねえ、幼鳥かしら、それにしてもでかい!

d0126085_124598.jpg
人の姿を見たら、餌をねだって大声でわめくなんて、飼われているということ?

d0126085_1242432.jpg
ということは、ハクチョウではない。ガチョウの仲間、シナガチョウでした。

d0126085_1243981.jpg
支那ガチョウ・・・白くないほうが多いそうです。

072.gifネットで検索
 現在飼養されているガチョウはハイイロガンを原種とするヨーロッパ系種と、サカツラガンを原種とする中国系のシナガチョウに大別される。シナガチョウは上くちばしの付け根に瘤のような隆起が見られ、この特徴によりヨーロッパ系種と区別することができる。
 警戒心が非常に強く、見知らぬ人間や他の動物を見かけると金管楽器を鳴らしたような大声で鳴き騒ぎ、対象を追いまわし首を伸ばしてくちばしで攻撃を仕掛けるので、番犬代わりに飼われることもある。 (ウィキペディア「ガチョウ」より引用)
[PR]
by krstori | 2008-02-25 17:01 | シナガチョウ